主な行事
  • 本堂と清水の舞台
  • 境内のご案内

夜の特別拝観

清水寺拝観のハイライト・「清水の舞台」の前に、まずは本堂へお参りを。
広い堂内には、数多くの仏像、凝った意匠の建具や、所狭しと懸けられた絵馬など、そこここに歴史と信仰の深さを伝える拝観ポイントがあります。

本堂(ほんどう)

外 陣

西国三十三所観音霊場第十六番札所
洛陽三十三所観音霊場第十二番札所
寛永10年(1633)に再建された、正面36メートル強、側面約30メートル、棟高18メートルの大堂です。
堂内は巨大な丸柱の列によって外陣(礼堂)と内陣、内々陣の三つに分かれ、通常、外陣とさらに外側にめぐらされた廊下を進んで拝観します。
建物は、優美な曲線を見せる寄棟造り、檜皮葺の屋根や軒下の蔀戸(しとみど)など、平安時代の宮殿や貴族の邸宅の面影を今に伝えています。

外陣の蟇股(かえるまた)。
千手観音を意味する梵字が刻まれています。

「朝比奈鬼首引図」など、外陣にはたくさんの絵馬が見られます。

格子状の扉が蔀戸(しとみど)。

ここをチェック

力試しに挑戦「鉄の錫杖(てつしゃくじょう)と高下駄」
入口左側には、重さ90キログラム以上の大錫杖と14キログラムの小錫杖、12キログラムの高下駄があります。明治中期に奈良県・吉野で修行した修験者から奉納されたものですが、あまりの重さに「弁慶の錫杖と高下駄」とも呼ばれます。
小錫杖なら女性でも持ち上げられますが、大錫杖は相当な力自慢でないと難しいかもしれません。参詣の記念に挑戦してみては?

信心深さがうかがえる「弁慶の爪痕」
本堂の窓の下には、深い筋状の傷が横にずっと続いています。
「弁慶の爪痕」と呼ばれますが、これは、昔、お百度やお千度詣りをする際についた、数取の串や樒(しきみ)の擦り傷。
夜中に手探りでお参りをした、数えきれない人々の信心の証なのです。

「出世大黒天像」(しゅっせだいこくてんぞう)にごあいさつを
本堂外陣の西側で、ニコニコ顔で参拝者を迎えてくれるのは出世大黒天像。
大きな黒頭巾と、左肩に宝物袋、右手に打出の小槌を持ち、米俵を踏む姿は、中世以降に固まった大黒さんのスタイルです。
平成20年(2008)に修復され、見事な室町時代の姿が甦りました。

ここをチェック

御本尊のお姿を写した「御正体」(みしょうたい)
本堂最奥の内々陣には、須弥壇(しゅみだん)上の三基の厨子(ずし)内に御本尊の十一面(四十二臂)千手観音と、脇侍(わきじ)の勝軍地蔵菩薩(しょうぐんじぞうぼさつ)、毘沙門天(びしゃもんてん)をお祀りしています。
御本尊をはじめとする三尊像は秘仏のため、通常そのお姿を拝することはできませんが、礼堂である外陣から、その御正体の懸仏を拝観することによって、三尊像を透観することになります。
御本尊の清水寺型観音を写した御正体は、直径2メートル、重さ400キログラム、檜板に銅版を張り、半肉彫りの観音像が取り付けてあります。

御本尊を守る「内々陣二十八部衆」
(ないないじんにじゅうはちぶしゅう)
内々陣の御本尊が収められた厨子の左右には、内々陣二十八部衆が左右に分かれて並んでいます。
御本尊千手観音の眷族(けんぞく)・「従者」で、それぞれの立場と役割で御本尊と観音信者を守っているのです。
また、その両端には二十八部衆と一緒に風神、雷神もお祀りしています。すべて木造、漆箔を施した彩色像で、ずらりと並んだ様子は圧巻。
通常内々陣には立ち入れませんが、毎年8月14~16日の宵詣りをはじめ、特別な法要の際には間近で拝観することができます。

本堂(ほんどう)

昔から思い切って決心することを「清水の舞台から飛んだつもりで・・・」といいますが、その語源となったのが、この場所。
錦雲渓(きんうんけい)の急な崖に、最長約12メートルの巨大な欅の柱を並べ、「懸造り」という手法で、釘を一本も使わずに組み上げた木造建築です。
本堂から張り出した「舞台」はちょうど4階建てのビルの高さにあたり、京都市街の眺望が見事。面積は約190平方メートル、410枚以上のヒノキ板を敷き詰めた「桧舞台」です。
この舞台はもともと、御本尊の観音さまに芸能を奉納する場所で、平安時代から雅楽や能、狂言、歌舞伎、相撲など、さまざまな芸能が奉納されてきました。現在でも重要な法会には、舞台奉納が行われます。

釘を使わずに組み上げられた舞台。

古典から現代音楽まで、舞台奉納はさまざま。

舞台からは四季の景観が楽しめます。

ページの先頭へ

Copyright(C) 2011 清水寺 KIYOMIZU-DERA ※記事・写真の無断転載を禁じます。