百体地蔵堂(ひゃくたいじぞうどう)

釈迦堂と阿弥陀堂の間の奥に建つお堂。子供を亡くした親たちが、我が子に似た地蔵を探し、信仰を篤くされているといわれています。普段は静かなたたずまいですが、夏の地蔵盆会では賑わいを見せます。