奥の院 (おくのいん)

本堂から奥の院を望む

奥の院から本堂を望む

洛陽三十三所観音霊場第十一番札所。
清水寺の起こりとなった「音羽の瀧」の真上に建ち、開基行叡居士(ぎょうえいこじ)と、開山延鎮上人(えんちんしょうにん)が修行した旧草庵跡と伝えられています。
現在の建物は、本堂と同時期の寛永10年(1633)に再建されました。
寄棟造りの檜皮葺屋根は美しい反曲線を描き、随所に桃山様式の極彩色文様の跡を残しています。また、本堂と同様の舞台造りで、ここから望む本堂の舞台と京都市街の景観は、絶好の撮影スポット。
「奥の千手堂」ともいい、秘仏の御本尊三面千手観音、脇侍地蔵菩薩、毘沙門天と、二十八部衆、風神、雷神をお祀りしているほか、古くは真言宗兼学を伝統していたことから、弘法大師像も奉祀しています。

触って観音様とご縁を結ぶ 「ふれ愛観音」(ふれあいかんのん)
礼堂の上り縁に安置された、金属製、金泥塗りで像高61センチメートルの観音像。目の不自由な人々にも、手で触って観音様を拝んで欲しいという想いから、清水寺信徒の総代であった仏師の故西村公朝先生が彫刻、寄進されました。

煩悩を洗い流してくれる 「濡れ手観音」(ぬれてかんのん)
奥の院の裏側、石の玉垣にかこまれた小池の中に立つ石仏は、水垢離の行を本人に代わって行ってくれるありがたい観音さまです。
北隣の蓮華水盤から柄杓で水をくみ、この像の肩からかけて、自分自身の心身の清めと所願成就を祈願します。
また、この水は「音羽の瀧」の水源の真上に湧く「金色水(こんじきすい)」と呼ばれます。