千体石仏群(せんたいせきぶつぐん)

成就院参道の右手には、地蔵菩薩、観音菩薩、阿弥陀如来、大日如来、釈迦如来など、様々な石仏が立ち並んでいます。その一部は、かつて京都の各町内にお祀りされていた「お地蔵さん」。
明治の廃仏毀釈の際に、捨てるに忍びないと、地蔵信仰の篤い京都市民から寺に運び込まれたものです。
苔むした石像には、今も有志の方々よって前垂れが新調され、掛けかえられています。