春日社(かすがしゃ)

成就院参道に建つ小さな社。
清水寺の法流の鎮守である奈良の春日大明神を勧請(かんじょう)して祀った鎮守堂で、室町時代後期に再建されました。
小社でありながら、典型的な春日造りの神社建築で、細かな彫刻が桃山時代の様式美を表しています。