清水寺

他のニュースを見る

行事】2017年8月1日~5日開催「第百二回うらぼん法話」
「うらぼん法話」は、大正4年(1915)に当山中興の祖・大西良慶和上がお盆の法施としてうら盆経の講話をしたことから始まった、約100年の歴史をもつ夏の恒例行事です。

毎年この期間に、各界からお招きした先生方と当山貫主が、さまざまなテーマで講演をいたします。いずれもユーモアを交えながら、楽しく、ためになるお話ばかり。どなたでもご聞法いただけ、講座後は皆様にお供養のパンと牛乳をお渡しいたします。涼しい朝のお参りと合わせて、ぜひ、お気軽にご参加ください。

■日時:8月1日(火)~5日(土) 
午前6時から(約1時間)
■場所:大講堂 圓通殿※仁王門前にて係が誘導いたします。
聴講料等はありません。ご自由にご参加ください。

■スケジュール
8月1日(火)『信長を語る』
講師:歴史小説家 安部 龍太郎 氏

8月2日(水)『我が心の旅』
講師:服飾評論家 市田 ひろみ 氏

8月3日(木)『衆生本来仏なり』
講師:萬壽寺僧堂師家 公益財団法人 禅文化研究所 理事長 佐々木 道一 師

8月4日(金)『私たちの中に折りたたまれる日本の心―国際医療NGOジャパンハートの挑戦―』
講師:特定非営利活動法人ジャパンハート 小児外科医/ファウンダー・最高顧問 吉岡 秀人 氏

8月5日(土)『言霊(ことだま)のちから』
講師:北法相宗管長 清水寺貫主 森 清範 師

ページの先頭へ

Copyright(C) 2011 清水寺 KIYOMIZU-DERA ※記事・写真の無断転載を禁じます。