Vol.1 清水の舞台から飛び降りた!?

「清水の舞台から飛び降りた人々」の
リアルな統計データ


当時の医学を考えると、12メートルの高さからの飛び降りは、まさに決死。

地上約12メートル、4階建てのビルに相当する清水の舞台。この高さから飛び降りて、はたして無事だったのでしょうか...。先の成就院の記録の統計によれば、生存率は約85%。かなりの人が、命を落とさずにすんでいます。
「飛び降りた人」の内訳は、10~20代の若者が53%以上を占め、最年長は80歳で最年少はなんと12歳! また70%が女性で、2度飛んで2度とも助かっている女性もいたとか。いざという時の思いきりは、昔から女性のほうがよかったのかもしれませんね。
出身地では日本全国に分散していますが、地元京都の人が70%と圧倒的多数を占めています。階級別では、武家や公家の記録はなく、若い僧侶や尼僧が約7%。飛び降りたほとんどが一般庶民でした。

>>次のページは、理由は決死の願掛けについてです

ページの先頭へ