Vol.1 ご存知でしたか? 車椅子で参詣できる「バリアフリー清水寺」

たくさんの共感が、介護の常識を変える


講演に、実技指導にと全国を飛び回る上野先生。頭の中には、まだまだ形にしたいプランがあるのだそうです。


ティールーム「ねこのたまご」の椅子やテーブルは、もちろん先生の開発された製品。人間工学から割り出された座り心地の良さに驚きます。

上野先生は道具ばかりでなく、施設の空間づくりなど、「ひと・もの・はこ」の総合的なプロデュース、介護の考え方や介助の技術指導、講演といったソフト面でも活躍中で、従来の介護を根底から変える施設・在宅ケアの改革に取り組んでおられます。
「立てなくてもいい、歩けなくてもいい。座ることさえできれば、自分で車椅子を動かして...さらに車、電車、そして飛行機など現存する文明を組み合わせれば、世界中どこへだって行くことができるのですから。」「介護する側だけが便利であったり、安心できたりする過保護な道具は、される側の人の能力を無視し、奪ってしまうことになるのです。」
上野先生の「自立」の考えは、共感した人々から全国に広がりつつあります。FUNレストテーブルは東日本大震災の被災地へ送られ、また、設置も検討されているプロ野球球場もあるのだとか。

「いつの間にか世の中に広がっていき、将来は、車のエアバッグのように、常識となって欲しい。」上野先生の想いに深く共鳴する当山では、先生のこれからのご活躍を末永く応援してまいりたいと考えています。


大阪市にある上野先生の「介護総合研究所 元気の素」には、ティールーム「ねこのたまご」が併設されていて、ご紹介した製品の数々は店内で使ってみることができます。ご興味のある方は、お運びになってみてはいかがでしょうか。

http://fungenki.jp/index2.html

ページの先頭へ