4/3法要「みずの日」

2019.3/1


全国の「清水」と名の付く寺院が作る団体「全国清水寺ネットワーク会議」は、4月3日を4(し)3(みず)の日と定め、平成10(1998)年より毎年、当山本堂にて人心や環境の浄化祈願と、水の恵みに感謝を捧げる合同法要を執り行っています。

宗派を越えて集まった「清水寺」の僧侶が一斉にお経を唱え、ご参拝の皆さまへ祈願済みの水をお配りすると同時に、「インドで井戸を掘る運動」のための浄財を募ります。

 


本堂東側では、播州清水寺の「御嶽太鼓(みたけだいこ)」の奉納演奏と、清水寺門前会による「青龍会」の行道も執り行われます。


日時:4月3日(水)
午後 1時~:合同法要
午後 2時~:播州清水寺の「御嶽太鼓」奉納演奏
午後 2時過ぎ~:「青龍会」行道


蛇口をひねればきれいな水が出てくることが当たり前の毎日の中で、私たちはつい水の貴重さを忘れてしまいがちです。この「水の日」に、あらためて水について考え、水不足に苦しむ世界の人々に思いを至らす時間をもつことができれば幸いです。
多くの方のご参拝をお待ちしています。