2020.8/16厳修 採燈大護摩供

2020.7/1

お盆にお迎えしたご先祖さまの霊を送る「五山の送り火」。この京の伝統行事を慶讃し、当山では毎年この日に、聖護院門跡の山伏の方々と僧侶によって護摩供養を行っています。
境内南苑に護摩壇を設け、山伏問答や法斧や法弓を用いて邪気を払う儀式などが古式ゆかしく執り行われたのち、護摩壇に点火されると、あたり一面が煙で真っ白に。護摩木を投げ入れるたびに火柱が高く上がり、読経が境内に響き渡ります。


焚き上げるのは、常時、本堂にてご奉納を受け付けている護摩木と、官民一体事業「京の七夕」に寄せられた願文。亡き人のご供養はもちろん、家内安全、無病息災、心願成就、世界平和など皆さまから寄せられた様々な願いを、年に一度、神仏へお届けし、祈りを捧げています。