2/15-2/21開催「寺宝・大涅槃図」公開

2019.2/4

2月15日はお釈迦さまが入滅なさった日であり、経堂ではこの日、縦約4メートル、横3メートルの「大涅槃図」を掲げ、お釈迦さまの遺徳を讃える「涅槃会」を執り行います。法要後は経堂を開放し、2月21日まで、どなたもご自由に入堂、拝観いただけます。「大涅槃図」は宝永5(1708)年に、絵師・山口雪渓により作成された当山の寺宝です。また、昨年に日本画家の箱崎睦昌先生より奉納いただいた「西方阿弥陀観」も同時に公開します。阿弥陀如来と観音、勢至両菩薩(ぼさつ)を描いた3幅の仏画で、こちらも大変大きな作品です。ぜひお参りください。


公開期間:2月15日(金)から2月21日(木)
拝観時間:午前9時~午後4時
場所:経堂


涅槃会についてはこちらでもご紹介しています。
www.kiyomizudera.or.jp/event/nehan_e.php