御本尊
  • 清水寺について
  • 観音様の教え
  • 清水寺 縁起
  • 御本尊

独特のスタイル、ご利益抜群の観音さま

一般的な千手観音像と違い、左右の腕を頭上に高く挙げて化仏(けぶつ)を戴くお姿は清水寺独自のもので、
「清水型観音」と呼ばれています。
このお姿は、多大な観音力(かんのんりき)を発揮して現世利益を恵まれる十一面四十二臂千手観音像に、さらなる格別の観音力を表現したものです。

40×25で千手の観音力

合掌している両手を除いた40本の腕のそれぞれに25の観音力が宿っており、合計して千手となります。
この千手はそれぞれの持物(じぶつ)・持ち物や印相(いんそう)・指の形により、出世や健康、五穀豊穣などさまざまなご利益があると同時に、万事を見通される目をもっておられるのです。

33年に一度ご開帳の秘仏

御本尊は、本堂最奥部内々陣(ないないじん)の厨子(ずし)内に秘仏として祀られ、厨子前に御本尊の姿を写した御前立仏(おまえだちぼとけ)を安置しています。
御開帳は、ご本尊が三十三身して衆生を救うという「観音経」の教えに因んで、33年毎に行われます。
近年では平成12年(2000)に通常の御開帳、平成20~21年(2008~2009)に特別に御開帳されました。

清水型十一面千手観音像の御前立仏

ページの先頭へ

Copyright(C) 2011 清水寺 KIYOMIZU-DERA ※記事・写真の無断転載を禁じます。