清水寺を読む音羽山と観音信仰、人々の物語

清水寺の寺宝

「一」 秘仏十一面千手観音立像

33年に一度、開帳される清水寺の本尊は四十二の手と十一の表情を持つ千手観音。慈愛をかたちにしたその独特の姿とは。

詳しく読む

清水寺の寺宝

「二」 脇侍 地蔵菩薩と毘沙門天

本尊 十一面千手観音の脇侍として須弥壇の両端に安置された二体の像にも、清水寺に語り継がれてきた物語があります。

詳しく読む

清水寺の寺宝

「三」 眷属 二十八部衆

内々陣に立ち並び本尊を守護する二十八の神々。眷属とはいったいどのような立場でしょうか。それぞれの役割とともに解説します。

詳しく読む

観音さまに参る

お参りの作法と手順

お参りには作法がありますが、難しくはありません。心身を清め、ご自身の心に向き合うための準備です。

詳しく読む

いま、伝えたいこと

「一」 観音さまと、水

観音さまは生きとし生けるものすべてを救うためにその身を自在に変化させます。まるで音羽の瀧から流れ落ちる水のように。

詳しく読む

いま、伝えたいこと

「二」 無財の七施

仏教で語られる「布施」とは、金品だけを指す言葉ではありません。人は皆、暮らしのなかで何も用いずに他者の役に立つことができます。

詳しく読む

いま、伝えたいこと

「三」 こころの蔵

私たちのこころは良き物も悪しき物もおさめる蔵。日々の行いや思考などがすべて入ったこの蔵を、いっぱいにして生きていくのです。

詳しく読む