中興堂(ちゅうこうどう)

清水寺の中興開山大西良慶和上(おおにしりょうけいわじょう)の御霊屋(おたまや)。
良慶和上は大正3年(1914)に奈良・興福寺住職と兼職で清水寺に住持、約70年にわたって清水寺住職を勤められ、明治の上地令や廃仏毀釈によって衰退していた清水寺を、現在の形に復興されました。
中興堂は、その偉業を讃え、平成7年(1995)の和上十三回忌を記念して建立発願、平成9年(1997)に落慶されました。